しつこいほうれい線にトドメ|老け顔における最大の原因を知ろう

レディー

たるみのある顔とは

2人の医師

たるみのある顔になる理由

成長期を過ぎると現れてくるのが身体のたるみです。特に顔にあらわれたたるみは年齢を高く見せる効果があり、たるみが年齢に見合わずはやく現れた場合には実年齢よりも高く見られることになります。たるみの中でも特に目立つのがほうれい線です。ほうれい線は鼻の付け根から唇の端に掛けて伸びる唇と頬の境界にあるものです。ほうれい線は生まれつき、目立つ人もいますが、多くは加齢によるたるみによって目立ってきます。このようなことから老齢の人に多く見られ、豊麗線とも豊齢線とも書かれます。いずれにしても、ほうれい線が目立つことで老齢に見られるほか、シワとことなり溝が深いために顔に大きなたるみがあるように見られることになります。ほうれい線が目立つ原因は生まれつきの場合もありますが、多くの場合には肌のコンディションによって目立つ度合いが決まってきます。特にターンオーバーの乱れは大きく影響します。ターンオーバーの乱れの原因としては乾燥や紫外線による外部からの影響や、ストレスやビタミンC、コラーゲンの不足といった栄養面での影響が考えられます。このためほうれい線を目立たないように予防するためには肌の保湿や、肌のはりを保つための食生活が重要です。一方で目立つようになってしまったほうれい線を改善する方法としてはマッサージやエクササイズなどがありますが、もっとも効果があるのが美容整形クリニックで行っている整形手術になります。ただし、従来どおりの整形手術は皮膚を切除したり、糸で引っ張り上げるといった方法であるため、相応のリスクが伴うことになります。

さまざまな改善方法

顔のたるみやほうれい線を改善する方法として、知られるのが顔のマッサージやエクササイズです。マッサージの場合には、外からの刺激によって肌の血行を良くしてターンオーバーを促すことになります。一方でエクササイズは表情筋を鍛えることで皮膚にはりをもたせようというものです。マッサージとエクササイズを組み合わせることで、効果的にたるみやほうれい線を改善することができますが、生まれつき皮膚がたるみやすい場合にはほうれい線を改善すること自体が難しいといえます。そのような場合に効果を得られるのが美容整形です。美容整形の方法としてはリフトアップです。リフトアップは皮膚を引っ張り上げることで顔のシワを改善するというものです。ただリフトアップでも従来の切るリフトアップでは髪の毛の生え際の皮膚を切除するためほうれい線のある場所までリフトアップ効果を得られないため、ほうれい線の改善には繋がりにくいとされます。またヒアルロン酸やコラーゲンを注入する方法も同様で、むしろ皮膚の中に物を挿入することから、反対にその物が移動することで返って、悪化するリスクがあります。改善効果のある治療法としては、スプリングリフトと呼ばれる方法で、返しの付いた糸を皮膚の中に挿入して引っ張り上げるものです。この場合にはほほを立体的、かつ効果的に引っ張り上げることができるので、全体的に皮膚を引き締めることができます。