しつこいほうれい線にトドメ|老け顔における最大の原因を知ろう

ウーマン

マリオネットラインの解消

鏡を見る人

マリオネットラインやゴルゴ線、ほうれい線などは、美容整形で消すことが可能です。サーマクールは高周波RFを照射することによって繊維芽細胞に刺激を与え、コラーゲンの生成を活性化させます。コラーゲンの生成が増大すると肌のたるみが改善して、マリオネットラインやほうれい線が消えてきます。

もっと詳しく

メリットがたくさんです

おでこを触る婦人

美容整形外科には糸を使う、使わないでほうれい線向け手術にも差異があります。術方法もですが値段にも開きがあるので、どちらにするかは出来上がりも考慮して決めましょう。ほうれい線の存在は女性にとって宿敵とも言える存在です。しかし諦めなくて良いのです。

もっと詳しく

たるみのある顔とは

2人の医師

顔のたるみは生まれつきと年齢とともに現れる場合の2種類があります。特にほうれい線は年齢を重ねることで目立つようになるとされ、若いうちから目立つ場合には年上に見られたり、老け顔に見られることになります。ほうれい線は日頃のマッサージやエクササイズで改善することができ、美容整形でも改善することができます。

もっと詳しく

見た目を若々しく見せたい

笑顔のドクター

乾燥や紫外線に用心しよう

ほうれい線とは、顔の鼻の両脇から唇のあたりにかけて伸びる線のことです。頬の境目にでき、笑ったりするとはっきりと浮き出てきます。ほうれい線ができると、どうしても老けて見えがちです。また、メイクののりが悪くなって、この線のあたりにファンデーションが固まってしまうこともあり、女性の敵のような存在です。ほうれい線がどうしてできるか、その原因はいろいろです。一番の原因は加齢ですが、乾燥や紫外線の影響も強く、肌がたるんでくることでくっきりと目立ってしまいます。また、ストレスや暴飲暴食などの生活習慣や食生活の乱れによっても引き起こされるものとされています。歳をとると、頬の筋肉が衰えてきて、全体的にたるんでゆきます。特に頬は脂肪がたくさんついてやわらかいため、頬の肉が落ちてゆくことでほうれい線がどうしても目立ってしまうのです。歳をとることで肌の水分量減少による乾燥も目立ちます。水分が少なくなることで肌にハリがなくなり、肌をたるませる要因になっています。加齢は止めることはできませんが、お肌に潤いをあたえることで少なからずたるみやハリが失われていくのを止めることができます。乾燥とともに、紫外線もほうれい線ができる一因です。紫外線をあびることでお肌の乾燥はさらに加速します。日に焼けないよう、日焼け止めクリームや帽子などで常に紫外線をあびない工夫をしましょう。日焼け止めとともに十分な保湿をして乾燥を防ぐことにより、ほうれい線を作らないようにすることが可能になります。老け顔における最大の原因を知り、改善していきましょう。

できやすい生活習慣に注意

ほうれい線は加齢や乾燥の他にできやすい姿勢や習慣なども関係があります。パソコンやスマートフォンなどを長時間使用する人は姿勢が悪く、前かがみになりがちです。そのため、頬のたるみが進んだり、肩や首こりのストレスでほうれい線ができやすいとされています。また、何気ない習慣も影響し、横向きになって眠る人は頭の重みでほうれい線を深く作ってしまいます。ついついしてしまう頬づえや、片方だけ食品を噛む癖がある人などは、線が深く刻まれやすく注意が必要です。目立ってしまったほうれい線は整形で治療をすることが可能です。整形では主にヒアルロン酸などを患部へ注入する治療が手軽で人気があります。ヒアルロン酸注射の整形は短時間で終わり、すぐに効果が見えるため即効性のある治療です。ヒアルロン酸は体内にある成分の為副作用やアレルギー反応もなく、安心安全な整形です。他に高周波治療の施術方法もあります。高周波治療は、高周波を照射して頬をリフトアップしていくやり方です。こちらも短時間で済み、痛みもなく、美肌効果も期待できる施術です。また、日帰り手術として、スレッドリフトやフェイスリフトという施術もあります。スレッドリフトは短時間で行う切らない方法です。特殊な糸を使い、皮膚を持ち上げほうれい線を目立たなくする方法です。フェイスリフトは耳の周辺を切開して、皮膚の下にある表在性筋膜を持ち上げる施術です。手術時間は2時間ほどと時間はかかりますが、持続効果が長く10年ほどの持続が可能です。どの整形を選ぶかは、費用の面も含めて医師と相談が必要です。